忍者ブログ

いろんな感想文

本・DVD・映画などの感想とか。 妄想したりネタバレしたりします。

HOME • Admin • Write • Comment
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



作者:原田 マハ
出版社:宝島社


あらすじ:
ファッション雑誌編集者の藍は、ある日ゴールデンレトリバーのリラを飼うことになった。恋人の浩介と一緒に育て始めたものの、仕事が生きがいの藍はは、日々の忙しさに翻弄され、何を愛し何に愛されているかを見失っていく…。浩介が去り、残されたリラとの生活に苦痛を感じ始めた頃、リラが癌に侵されてしまう。愛犬との闘病生活のなかで、藍は「本当に大切なもの」に気づきはじめる。“働く女性”と“愛犬”のリアル・ラブストーリー


【総評価】
★★★★【泣き】
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★【怒り】


とりあえず、この本の最後の最後のページで衝撃を受けた。

「この作品はフィクションです。」

ええーーーーーとのけぞった。
なぜか犬が主役級で出てくる話はノンフィクションだと思っていた。

古くは「忠犬ハチ公」から「盲導犬クイール」など。
そう、私が思い込んだのがいけない。
ああ、いけないさ。

しかしだよ。
「ライフイズビューティフル」でも書いたが、作り話なのに殺す必要がどこにあるのか。

さらには、ノンフィクションだと思っていたから、
読みながらムカムカした気持ちをなんとか抑えていたのに。
なにが「リアルラブストーリー」じゃ。

私は犬話に弱い。
このブログの初回でも書いたが、アンちゃんというとてつもなくカワイイ犬を飼っている。
だから、ただ「犬は寂しい気持ちになった」なんて書かれてるだけで涙腺がゆるむほどだ。
話しの前後がわからなくてもね。
もう末期症状ですよ。

おかげで、出勤途中の電車の中でひどいブサイク顔で涙をこらえる事が何度もあった。
(本を読む時間が出勤途中なので)
それが、ノンフィクションなら満員の電車の中でブサイク顔をさらしたっていいさ。
見せられた方だって、きちんと説明すれば、「それは仕方がありませんね」って
言ってくれたかもしれない。

ところがだ。
なんと、作り話だったとは。

今回は文句しか出てこない事をここに宣言する!

簡単に要約すれば、
同棲してる恋人同士が犬を飼った。恋人と別れ、激務だけど
犬に我慢をさせまくり、ガンになっちゃって死んじゃった。
という、もう動物愛護団体に通報したいレベルの話し。

私はちょっとこの主人公と似てる境遇ではある。

アンちゃんが私の犬になった時、結婚していた。
その後離婚し今は一人暮らしでアンちゃんと生活している。

それ以外は全く共感できない。
この作者は一体犬を飼った事があるのだろうか?

まず、もともとこの主人公は激務であった。
家でグータラしている恋人がいたからこそ、犬も満足に生活できたのである。
さらには、恋人がいるから、犬がいるから、仕事も思いっきり出来ないし
新しい恋も出来ない、とほざいている。

そして恋人には他に好きな人がいて、別れる事となる。

願ったり叶ったりではないか。

なのに、犬を引き取る事にしてしまう。
どう考えたって破綻する事は目に見えているのに。

仕事が出来る女、として描かれていたが、ほんの少しの未来も想像できないのに
仕事ができるはずがない。

犬はいつまでも待っている。
飼い主を信じて、ただ飼い主が帰ってくるのを待っている。
どんなに遅くなろうが、どんなクソな理由でほったらかしにしようが
飼い主が犬に向かい合った時、犬は全身で喜びを表現する。

そこに甘えすぎている。

そんで、「死んでくれないか」と思うとは。
もう絶句だ。

私も仕事から帰ってきて、ものすごい悪さをしていると、
心底イヤになるが、本を犬めがけて投げつけたことなどない。
夢にも死んでくれと思った事は一度もない。

キレイ事を言ってるわけではない。
もちろん、犬を飼う事は決して楽しくてカワイイ時ばかりではない。
イヤになる時だってある。
そこを書きたかったのかもしれないが、だいぶやり過ぎだ。

その上、6年間付き合った恋人と別れる。
しかも友達にとられてしまう。
なのに、そんな美しく別れられるわけがない。

私だったら、絶対に連絡しない。

もちろん会う事もつらいわけだが、裏切った男にノコノコと頼ったりするとは
一体どういう了見なんだ!!

しかもこの話しの最後。
その友達だった女と結婚するという元恋人。
暗に「おまえと一緒にいても焦ってばかりで結婚なんて考えられなかった」と言うとは。
なんてデリカシーがないんだ。
その上、「お前には聞いて欲しかった」って。
どんだけ、人をバカにしてんだ。
別れて正解だよ。

それで、最後に1分間だけ抱きしめる、って。

もう、しね!
豆腐の角に頭ぶつけてしね!

優しいバカ正直な頼りないボクを演出して、やりたい放題だな、てめーは。

美しく締めたつもりだろうけど、現実はこんなんじゃないんだよ。
犬を飼う事も、恋人と別れる事も。
犬が飼えない中学生が、恋に恋した状態で書いたとしか思えない。

ああ、久しぶりに時間を返して欲しくなった本だ。
全く、誰にも、オススメしない。

拍手

PR

この記事へのコメント

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Comment
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

一分間だけ 原田マハ

ファッション誌編集者の藍は、ゴールデンレトリバーのリラを飼うことになった。 仕事が生きがいの藍は忙しさに翻弄され、何を愛し何に愛され...
Copyright ©  -- いろんな感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]