忍者ブログ

いろんな感想文

本・DVD・映画などの感想とか。 妄想したりネタバレしたりします。

HOME • Admin • Write • Comment
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



作者:横山秀夫


あらすじ:
殺人事件の時効成立目前。現場の刑事にも知らされず、巧妙に仕組まれていた「第三の時効」とはいったい何か!?刑事たちの生々しい葛藤と、逮捕への執念を鋭くえぐる表題作ほか、全六篇の連作短篇集。


★★★★★【総評価】
★★★★【殺伐】
★★★【人間関係】
【ほっこり】
【エロ】
【笑い】

まず、私は横山秀夫の作品が好きである。
「読むものないなー」と思ったら、横山秀夫である。
困った時の横山秀夫。

そんな痒い所に手が届く横山秀夫だが、
元記者であるのを活かした作品が多い。

ちなみに横山秀夫は政治部記者だった、というのを何かで読んだ事があるのだが、
今調べてみても出てこない。
勘違いかなぁ。
勘違いだとしても、なんだかインテリジェンスな勘違い(どこが)なのでまあよしとしよう。

前置きが長くなったが、この「第三の時効」という作品である。

とにかく、全体の雰囲気として、ゴツゴツしている。

もう、ゴツゴツゴツゴツゴツゴツ している。

不意にぶつかったら、内出血は間違いなしである。
鋭角に切れて血が出たりはしないが、どでかい青タンが出来るであろう。
そのくらいゴツゴツしている。

そんなゴツゴツの「第三の時効」という小説は全六篇で出来ているが、出てくる人は同じである。
同じ、と言うか舞台は一緒。

一応ミステリーであり、犯人は誰か?とかの推理要素もある。
しかし、横山秀夫の魅力はそこではない。

正直言うと、推理要素としてはさほど目新しい物はないし、物凄い巧妙なトリックや
「えーー!そんな事が!」と思わず本を閉じてしまうような犯人が出てきたりはしない。
純粋な推理だけを期待して読むとしたら、物足りないと思う。
ただし、それは事件の推理としての話。

他の作家の短編集は、結末を驚かせりゃいいだろう、的なものが多い中、
横山秀夫は事件の犯人が誰か、というより追われる犯人と追う刑事との
心理合戦や葛藤、もしくは警察内部の複雑に絡み合った人間関係に重点をおいている。

さて、この小説の舞台は、F県警捜査第1課強行犯係である。
ここに3班の個性的な班長がおり、切れ者揃いではあるが、一癖も二癖もある3人に
手を焼く課長がいる。
事件は日々起こっており、それぞれの班がそれぞれの事件を追う。

同じF県警捜査第1課強行犯係に所属する者同士、仲良くすりゃー良いと思うのだが、
そうはいかず、それぞれの班が自分の手柄を立てようと、せめぎあっている。

第1話:「沈默のアリバイ」
小悪党が殺人を犯し、捕まえたはいいが裁判で証言を翻して大慌て。
そりゃ歯も膿んじゃうよの巻。

突如1班に抜擢人事をされた刑事が張り切ってはみたものの、裏目に出てしまう。
犯人には弱みを握られ、裁判官は冤罪好き。
歯には膿がたまって顔が腫れてしまうし、もうにっちもさっちも行かず、辞表提出。

責任が重いよね、やっぱり。私なら逃げ出すなぁ。っていうか気持ちが持たないのでさっさと辞める。
辞めて派遣村でも行って生活保護もらってぬくぬく暮らしちゃう。

実は、この話に対してはあんまり感想とかない。
小悪党の小賢しい小手先の知恵にはイライラさせられるが、それだけ。


第2話:「第三の時効」
一つは事件発生からの時効。もう一つは海外渡航期間があったための延長時効。
そして、もし犯人が違ったとしたら、の時効。でも、女の気持ちってわかんねーの巻。

まあ、なんとなく犯人の予想はつく。
この話が題名になってるだけあって、賞賛しているレビューが多かったが、
私自身は事件の暴き方が少々乱暴だと感じてしまったんですな。
班長がキレモノだから犯人の目星つけときました、というやっつけ感がしてしまったんですよ。
個人的に、アバズレだと言われた刑事の女が本当にアバズレなのか気になってしょうがありません。
そっちのがミステリだよ。


第3話:「囚人のジレンマ」
共犯者同士の猜疑心、同じ課で働いてる者同士の猜疑心。結果、砂漠ではなく緑であった、の巻。

共犯者がいれば犯罪を犯す時は心強いが、捕まった後離れ離れになると
お互いへの信頼関係が薄れ、猜疑心が大きくなる。
「あいつは本当はしゃべったんじゃないか?いや、しゃべらないとあの時誓ったじゃないか。でも・・・」
こんなジレンマが襲う。
常に新聞記者がつきまとう捜査第1課強行犯係の課長にも、同じようなジレンマが襲う。
「あの刑事、記者にしゃべったか?いや、事件の重大性を考えたらしゃべるわけがないだろう。でも・・・」

このシンクロ感がとてもうまく出来ていて、なかなか深いです。
記者達との攻防、同じ捜査第1課強行犯係の仲間のはずが、常にいがみ合っている部下達。
中間管理職はつらいぜ!


第4話:「密室の拔け穴」
容疑者のマンションを大量の警察で取り囲んで張っていたはずが、逃げられてしまった。
どっから逃げたのか?
あそこも密室、ここも密室、密室だらけだね!の巻

こういうのって本当にあるんですかね。
いや、密室ミステリではなく、刑事同士のいがみ合いの果ての非協力。
これじゃ、捕まる者も捕まんないですよ。
日本の警察は優秀、とかって言いますが、これだけの人数を投入しときながら協力せず、
各々勝手気ままにやって、最終的に犯人が捕まるんですから、そりゃもう優秀ですね。

でも、協力したら、もっと優秀になんじゃねーの?と思うのは子供なんでしょうか。
皆、自分の手柄を立てたくて、抜け駆けしたくて、もしくは足を引っ張りたくてしょうがない。
みーんな、汚いやつらです。

犯人に手引きしていた刑事は捕まりましたが、結局やってる事はさほど変わらないような。
きちんと見とけ、って言われても見てなかった刑事。
言う事聞きたくなくて、ことごとく反対し、団体行動をとらない刑事。
そんな刑事ばっかかよ!と。

第5話:「ペルソナの微笑」
13年前の未解決事件と今回の事件。果たして犯人は同じなのか?
で、オレは笑った事がないしこれからも笑わないよの巻。

私の中ではこの話が一番グッときました。

殺人事件の「道具」として使われた子供。
もちろん、犯人が全て悪いわけで子供は一切悪くない。
運が悪かったとしかいいようがない。
しかし、人が死んだ事件の片棒を担いだ、と知った時の心の傷たるや。

そんな「道具」として使われた子供が2人出てきます。
同じ傷を持つもの同士、言葉に出さずとも理解できる。
そう思っていた頃が私にもありました。

こっからは深読み。
先天的に異常な性格、というのはいると思うんですよね。
猟奇的な殺人を犯す人とか、異常な性欲・性癖とか。
この犯人もそうだったんだと思うんです。
どんな理由であろうとも、殺人を犯してしまったのに、心の傷がない。
心の傷を自覚する事なく、またはそんなもの初めからなかったまま時が経ち
また同じような殺人を犯す。

これはもう先天的な異常者、と言えるんではないか、と。
彼は前回、今回と殺した理由に正義を振りかざす事が出来ますが、
もし今回捕まらなかったとしたら、今度は理由なき快楽殺人を犯すだろう、と
思えてしょうがありませんでした。

ま、だいーぶ深読みですが。


第6話:「モノクロームの反転」
1班と3班、合同捜査にしたけど、やっぱり協力し合わない。
でも、やっぱ気が変わったから協力してあげるの巻。

この小説で一貫して出てくるのは、同じ課にいながら全く協力する気のない人たち。
ホントにこれで警察はいいんですか!と言いたくなります。

一つの事件に1班と3班を投入してみたけど、やっぱりダメ。
お互いの情報は教えあわないし、あっちが○○を占拠したから、こっちは△△を占拠だ!と
陣取り合戦みたいになってます。

最終的には、1班の班長がちょっとオトナになって3班に情報を流して解決するわけですが、
だったらさっさと共有しとけよ!と思うわけです。
今回は一家皆殺しですよ。

一家皆殺しと言えば世田谷の事件を思い出しますが、
同じような事が警察内部に実際あるんでしょうねぇ。
解決するはずの事件が解決できない、っていう。
それでは本末転倒なんですけどね。

とても長文になって、私はもうお疲れモードなわけですが、
全体的に人間関係や心の機微に重点を置いてる話が多いので、
非常に読み応えがありました。

帯にも「これが横山秀夫の最高傑作だ!」とありますが、私も同意です。

これからも頑張ってたくさん書いて欲しい作家さんの1人です。

ちなみに、googleで「横山秀夫に関連する検索キーワード」に「東野圭吾」があったのが笑えました。
やっぱなんか共通する部分があるんですねぇ。
私は東野圭吾は薄っぺらな感じがしてしまうんですがね。

拍手

PR

この記事へのコメント

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Comment
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:
Copyright ©  -- いろんな感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]保険 ウィルス対策