忍者ブログ

いろんな感想文

本・DVD・映画などの感想とか。 妄想したりネタバレしたりします。

HOME • Admin • Write • Comment
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





【あらすじ】
馬込光代は双子の妹と佐賀市内のアパートに住んでいた。携帯サイトで出会った清水祐一と男女の関係になり、殺人を告白される。彼女は自首しようとする祐一を止め、一緒にいたいと強く願う。光代を駆り立てるものは何か?毎日出版文化賞と大佛次郎賞を受賞した傑作長編。

★★【総合】
★★★★★【とっちらかり度】


映画化された小説です。
映画はまだ見てません。

読み終わった感想はというと・・・

ん~、とっちらかっていて長い。

前回読んだ「告白」と感想が似てしまうんだけど、
読後に何も残らなかったんだよな。

いや、登場人物の気持ちはわかる。
切なかったりもしたし、むかついたりもした。
でも、「ふーん」で終わったちゃったんだよな。

前回の「告白」もそんな感じだったし、
もしかして私が悪いのか???と思い始めたり。


↓↓↓↓

拍手

PR


<あらすじ>
「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、この物語は始まる。語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に事件の全体像が浮き彫りにされていく。

【総合評価】★★★★
【なんもいえね~】★★★★


今年も6月となり、前回の記事から半年以上過ぎてしまいました。


で、この小説です。
子供が亡くなった事件について6人が自分の思いを告白していく、という形になっています。

まず読み終わってすぐの感想は。

人生って偶然が積み重なってできてるんだな、という事。
人が考えてる事って本当にわからないな、という事。

それ以外に残るものはあんまりないというか、
面白かったんだけど、
まあはっきり言ってしまうと、

「で?」

と思ってしまった。

衝撃的な事件や真相もあるのに、どうして「で?」と最後思ってしまったんだろう?

これ、松たか子で映画化されてますよね。
映画も見たいなって思うんです。
すごく引き込まれる文章で、中断されるのが嫌なくらい面白かったんです。
なのに。

いやー、今回の感想文は難しいなぁ。

↓↓↓↓

拍手






<ストーリー>
カウボーイ人形のウッディと仲間たちは、大好きなアンディとの別れが近づいたある日、手違いで保育園に寄付されてしまう。「もう一度子供と遊べる!」とはしゃぐバズたち。だがそこは、おもちゃを破壊しまくる凶暴な幼児たちが集まる、おもちゃにとっての地獄だったのだ…。


【総合評価】★★★★★
【せつなさ】★★★★
【笑い】★★★


みんな知ってるトイストーリーです。

私もこれは大好きでDVD1・2と持っております。

で、このトイストーリー3。
え?今さら?な感じもしつつ、劇場ではスルーしてしまいました。

ま、DVD買ってたし、大好きだったし、レンタルで見てみっか的な感じで借りました。
馴染みのホステスが年取って太ってきちゃったけどなんだか指名する、みたいな。

いやー。
やっぱり面白かった。
期待を裏切らず、面白かったなぁ。

という事で、新作だったから次の日返しに行ったんですが、その足でお買い上げ。

最後は切なくて涙腺がゆるみっぱなし。ガバガバのビチョビチョ。


pixer、面白いんだけど、たまに素になるとなんか怖くなるんですよね。

だって、オモチャにこんな感情があったら、捨てられませんがな。
モノであふれてしまいますがな。
ああ、怖い。

拍手

シャッターアイランド、2回目です。

結末が結末だけに、もう一回見てみようと思いましてね。
私もヒマですな。

というわけで、ネタバレ全開で行きますから、お気をつけて。

始まりは霧の中からでした。
1回目はほとんど記憶にも残りませんでしたが、
2回目ともなると、ははぁん、と上から目線になりますね。

これはディカプリオが目を覚ます(悪い意味で)という事なのでしょうね。

しかし、あの結末を信じて見ると、なんつーかコントのようです。
(前もそんな映画あったなぁ)

ディカプリオはいいんですけど、相棒のチャックとか、ものすごい熱演ですね。

おっと、本格的にネタバレになりそうなので、下に行きます。

拍手




【あらすじ】
精神を病んだ犯罪者だけを収容し、四方八方を海に囲まれた「閉ざされた島(シャッター アイランド)」から一人の女が姿を消した。
島全体に漂う不穏な空気、何かを隠した怪し気な職員たち、解けば解くほど深まる謎……。
事件の捜査に訪れた連邦保安官テディがたどり着く驚愕の事実とは!?

【総合評価】★★★★
【謎解き】★
【CMの煽りは間違い】★★★★★★★★★★
【キ○ガイっぷり】★★★★★★
【頭痛】★★★★★

前宣伝で失敗したわ。
「結末は誰にも言わないで下さい」だとか、
「どんでん返しが待ってます!」みたいなのは、
結局映画の良さを半減させるんではないかと思うんですよ。
だって、この映画のどんでん返しはおまけみたいなもんですからね。

というより、薄々気付きながら見るのが正しいかと。

さて、スコセッシ監督ですが、
私は重い・暗い・長い・わかりづらいという印象の監督で、
見る時は意を決してみないといけない気がするのです。

タクシードライバー・救命士にいたっては正直理解不能でした。

タクシードライバーは名作!と言われているのに、全く理解できず
途中寝るという映画に対して最も卑劣な行為を犯してしまい、
救命士などは序盤30分くらいから、「ながら見」を無意識に始め、
最終的には「ながら見」の「見」じゃない方に全神経を集中させ、気が付いたら終わっていたという
最上の侮辱行為を行ってしまいました。

「デパーテッド」は一緒に見に行った人が途中寝ていました。
一応私は起きてたけどね。
まあこれは面白かった。

そして、この「シャッターアイランド」。
あらすじは面白そうだし、ディカプオも好きだし、でもスコセッシか、という事で
心身ともに体調万全にしてみる事にしました。

結果、面白かった。

スコセッシ監督の印象が少し変わってきたかな、と思いますが、
やっぱり重い・暗い・長いは変わらず。

なんつーのかな、重厚にするためなのかな、暗いしやたらと長い。
もう少しテンポ良く進んでくれると傑作になるのにな、と。

あと、アナグラム好きね、外国人て。

ま、煽り文句にもあるように、結果はこの下でネタバレしているので
見たくない人は見ないで下さい。

拍手

Copyright ©  -- いろんな感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]